風俗営業許可の構造要件

風俗営業許可の構造要件

構造要件について。

構造要件とは、風俗営業を行うにあたっての施設や設備に関する要件です。以下のとおりでなければなりません。

【すべての営業に共通する事項】

①善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと。
②客室の出入口に施錠の設備を設けないこと(但し、営業所外に直接通ずる客室の出入り口を除く)。
③騒音・振動が条例で定める数値に満たないように維持されるために必要な構造・設備を有すること。

【1号、3号営業(キャバレー、ディスコなど)】

①客席の床面積は、1室の床面積を66㎡以上とし、ダンスをさせる客室の部分の床面積をおおむねその5分の1以上とすること。
②客室の内部が営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。
③客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
(高さ1m以上の仕切りやついたてなど)
④営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持される構造又は設備を有すること。
(明るさを調節できるスライド式のような調光機は不可)

【2号営業(キャバクラ、ホストクラブなど)】

①客席の床面積は、和風の客室は1室の床面積を9.5㎡以上。その他のものにあっては1室の床面積を16.5㎡以上とすること。
(客室の数が1室のみであるときはこの限りではない)
②客室の内部が営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。
③客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
(高さ1m以上の仕切りやついたてなど)
④営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持される構造又は設備を有すること。
(明るさを調節できるスライド式のような調光機は不可)
⑤ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。

上記以外の営業についても、それぞれ構造について定められています。

■サービス提供地域

東京23区 千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区
その他東京 立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市
千葉県 市川市、船橋市、松戸市、浦安市、流山市、柏市、鎌ケ谷市、習志野市、野田市、白井市、千葉市、四街道市、佐倉市、印西市、成田市、東金市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、その他千葉県全域
埼玉県 三郷市、吉川市、越谷市、春日部市、八潮市、草加市、川口市、蕨市、戸田市、和光市、新座市、朝霞市、志木市、さいたま市、ふじみ野市

飲食店許可、深夜酒類提供飲食店届出、風俗営業許可でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

Free Consult
無料相談受付中
  • 電話 0120-922-361(年中無休24時間)
  • メール info@ishikawa-gyousei.com(24時間OK)
  • >>お問い合わせフォームはこちらから<<