ダーツバーと深夜酒類提供飲食店営業

ダーツバーと深夜酒類提供飲食店営業

ダーツバーと深夜酒類提供飲食店営業届出の関係

現在、バーによく置いてあるデジタルダーツ機は法律上、デレビゲーム機に当たるため、「風俗営業8号許可(ゲームセンター等)」の対象機器に含まれております。
そのため、原則としてダーツバーは「風俗営業許可」を受けなければなりません。

ただし、次のような場合は、「深夜酒類提供飲食店営業の届出」で済むようになっています。これを10%ルールと言います

(まとめ)
原則:風俗営業許可8号申請(ゲームセンター等)
例外:深夜酒類提供飲食店営業(10%ルール)

10%ルール(ゲーム機、デジタルダーツ機など)

この10%ルールとは、
ダーツ機やゲーム機の設置面積の割合が、1フロアの客室面積に対して10%を超えない場合は、風俗営業許可は不要ということです。

(風適法解釈運用基準)
「遊技設備設置部分を含む店舗の1フロアの客の用に供される部分の面積に対して客の遊技の用に供される部分(店舗でない区画された部分も含む)の床面積(当該床面積は、客の占めるスペース、遊技設備の種類等を勘案し、遊技設備の直接占める面積のおおむね3倍として計算するものとする。ただし、1台の遊技設備の直接占める面積の3倍が1.5平方メートルに満たない時は、当該遊技設備に係る床面積は1.5平方メートルとして計算するものとする)が占める割合が10%を超えない場合は、当面問題を生じないかの推移を見守ることとし、風俗営業の許可を要しない扱いとする」

※計算は細かくなっておりますのでご相談ください。

■サービス提供地域

東京23区 千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区
その他東京 立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市
千葉県 市川市、船橋市、松戸市、浦安市、流山市、柏市、鎌ケ谷市、習志野市、野田市、白井市、千葉市、四街道市、佐倉市、印西市、成田市、東金市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、その他千葉県全域
埼玉県 三郷市、吉川市、越谷市、春日部市、八潮市、草加市、川口市、蕨市、戸田市、和光市、新座市、朝霞市、志木市、さいたま市、ふじみ野市

飲食店許可、深夜酒類提供飲食店届出、風俗営業許可でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

Free Consult
無料相談受付中
  • 電話 0120-922-361(年中無休24時間)
  • メール info@ishikawa-gyousei.com(24時間OK)
  • >>お問い合わせフォームはこちらから<<