飲食店営業許可とは

千葉や東京で居酒屋やレストラン・カフェなど、食品を調理したり製造販売するお店を始めるには、食品衛生法により営業許可を取得しなければなりません。

申請先は⇒保健所となります。

営業許可の必要な業種としては、「調理業」「製造業」「処理業」「販売業」がありますが、今回は「調理業」、「販売業」、「製造業」の主たるものをご紹介いたします。

○営業許可の種類

千葉や東京で営業許可をする場合となります。

調理業
飲食店営業
一般的な食堂・そば屋・レストラン・バーなど
その他食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業。
喫茶店営業
いわゆる喫茶店。
その他設備を設けて酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業、かき氷を販売する営業、ジュース等のコップ式自動販売機も対象。
販売業
乳類販売業
直接飲用に供される牛乳、山羊乳もしくは乳飲料等を販売する営業。店舗を有するかどうか関係なく、競技場等における立ち売りも対象となります。
食肉販売業
獣肉の生肉(骨及び臓器を含む)を販売する営業、なお、許可を受けた食肉販売業者が食肉を細断包装したものを他の者が保管し、注文配送する場合も対象となります。
※一般的な「お肉屋さん」です。
魚介類販売業
店舗を設け、鮮魚介類(鯨肉を含む)を販売する営業です。魚介類の行商販売は該当しません。
※一般的な「魚屋さん」です。
菓子製造業
菓子パンやケーキ、あめ、せんべいなど社会通念上菓子と認識されているものを製造する営業がとなります。
※パン屋さんでジャムパンやアンパンなど製造販売する場合は必要となります。
アイスクリーム類製造業
アイスクリーム、アイスシャーベット、アイスキャンディー、みぞれ等液体食品又はこれに他の食品を混和したものを凍結させた食品を製造する営業となります。
食肉販売業
獣肉の生肉(骨及び臓器を含む)を販売する営業、なお、許可を受けた食肉販売業者が食肉を細断包装したものを他の者が保管し、注文配送する場合も対象となります。
※一般的な「お肉屋さん」です。

など、他にも数種類あります。

自動車を利用する飲食店営業等 飲食店営業許可の要件