風俗営業許可取得

風俗営業許可とは

キャバクラ、ホストクラブ、ガールズバー、スナックなどのように、客の接待をして客に遊興又は飲食させる飲食店を営業する場合は、「風俗営業許可」(1号営業)を取得しなければなりません。接待行為とはお客さんに対してお店の従業員がお酌をしたり、隣に座って談笑したり、カラオケのデュエットをしたりするなど、お客さんの相手をすることをいいます。

この他に、麻雀店を営業する場合にも「風俗営業許可」(4号営業)を取得しなければなりません。
昔ながらの雀荘はもちろんのこと、最近流行りの「健康マージャン」のお店でも麻雀店に変わりはないので「風俗営業許可」の取得が必要となります。

千葉でキャバクラ、スナックの風俗営業許可取得をする場合

千葉県でキャバクラやスナック、ホストクラブなど接客を伴う営業をする為には「風俗営業許可」の取得が必要となります。

詳細はこちら

東京でキャバクラ、スナックの風俗営業許可取得をする場合

東京都でキャバクラやスナック、ホストクラブなど接客を伴う営業をする為には「風俗営業許可」の取得が必要となります。

詳細はこちら

雀荘の場合

雀荘・麻雀店(マージャン店)を開業するには、風俗営業許可と飲食店営業許可(飲食物を提供する場合)が必要となります。

詳細はこちら

外国人を雇うには

フィリピンパブやタイパブなどで外国人を雇う場合は、次のビザが必要となります。

  • 永住者
  • 永住者の配偶者等
  • 日本人配偶者
  • 定住者

詳細はこちら

変更後の手続き

風俗営業許可を取得した後に、以下のような申請内容の変更が起こった場合は、法定期間内に届出をしなければなりません。
これらは、管轄警察署経由で公安委員会に提出していくことになります。

詳細はこちら

場所的要件

風俗営業を行うには、「用途地域の制限」及び「保護対象施設からの距離制限」をクリアしている必要があります。
※建築基準法、消防法の要件も満たしている必要があります。以下は、風営法の要件となります。

詳細はこちら

構造的要件

構造要件とは、風俗営業を行うにあたっての施設や設備に関する要件です。

詳細はこちら

人的要件

「申請者(経営者)」および「風俗営業管理者となる人」が以下の事由に一つでも当てはまる人は、風俗営業の許可を取得することはできないことになっています。
※風俗営業許可では、営業所の「管理者」も選任する必要があります。

詳細はこちら

必要書類等

キャバクラ、スナック、ホストクラブなどの営業に必要な「風俗営業1号申請」に必要な書類について

詳細はこちら