バーや居酒屋などのお店の場合

深夜酒類提供飲食店
  • バーやダーツバー、居酒屋など酒類を中心に提供する
  • 深夜0時以降も営業を続ける(風営法上の接待行為をしない)

※ガールズバーやスナックでも「接待行為」をしなければ「深夜酒類提供飲食店営業の届出」が可能な場合があります。

このようなお店は「深夜酒類提供飲食店営業」に該当し、営業開始の10日前までに、警察署へ届出を行わなければなりません。
ただし、ラーメン屋や焼き肉店、お寿司屋など、食事がメインのお店の場合は届出が不要となります。ただし、警察署によって取扱いが変わる場合がありますので、警察への確認が必要です。食事がメインのお店であっても、お店が取扱う酒の種類が多い場合は深夜酒類提供飲食店営業の届出が必要になる場合があります。

また、深夜酒類提供飲食店では「接待」行為を行うことができませんので、「接待」行為を行う場合は「風俗営業許可」が必要となります。

※接待行為とは簡単に言いますと、お店の店員が客の談笑の相手になったり、カラオケのデュエットをするなど客の相手になることです。

ガールズバーやスナックでの営業をお考えの方はご注意ください。
※「深夜酒類提供飲食店営業」と「風俗営業許可」の両方を取得することはできません。

千葉県や東京都で、バーや居酒屋、ガールズバーやスナックの営業をお考えの方はお気軽に当事務所までご相談ください。

ダーツバーの場合