飲食店許可営業とは

飲食店許可営業とは

飲食店営業許可とは

居酒屋やレストラン・カフェなど、食品を調理したり製造販売するお店を始めるには、食品衛生法により営業許可を取得しなければなりません。

申請先は⇒保健所となります。

営業許可の必要な業種としては、「調理業」「製造業」「処理業」「販売業」がありますが、今回は「調理業」、「販売業」、「製造業」の主たるものをご紹介いたします。

○営業許可の種類

調 理 業
飲食店営業
一般的な食堂・そば屋・レストラン・バーなど
その他食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業。
喫茶店営業
いわゆる喫茶店。
その他設備を設けて酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業、かき氷を販売する営業、ジュース等のコップ式自動販売機も対象。
販 売 業
乳類販売業
直接飲用に供される牛乳、山羊乳もしくは乳飲料等を販売する営業。店舗を有するかどうか関係なく、競技場等における立ち売りも対象となります。
食肉販売業
獣肉の生肉(骨及び臓器を含む)を販売する営業、なお、許可を受けた食肉販売業者が食肉を細断包装したものを他の者が保管し、注文配送する場合も対象となります。
※一般的な「お肉屋さん」です。
魚介類販売業
店舗を設け、鮮魚介類(鯨肉を含む)を販売する営業です。魚介類の行商販売は該当しません。
※一般的な「魚屋さん」です。
菓子製造業
菓子パンやケーキ、あめ、せんべいなど社会通念上菓子と認識されているものを製造する営業がとなります。
※パン屋さんでジャムパンやアンパンなど製造販売する場合は必要となります。
アイスクリーム類製造業
アイスクリーム、アイスシャーベット、アイスキャンディー、みぞれ等液体食品又はこれに他の食品を混和したものを凍結させた食品を製造する営業となります。
食肉販売業
獣肉の生肉(骨及び臓器を含む)を販売する営業、なお、許可を受けた食肉販売業者が食肉を細断包装したものを他の者が保管し、注文配送する場合も対象となります。
※一般的な「お肉屋さん」です。

など、他にも数種類あります。

自動車を利用する飲食店営業等 飲食店営業許可の要件

■サービス提供地域

東京23区 千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区
その他東京 立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市
千葉県 市川市、船橋市、松戸市、浦安市、流山市、柏市、鎌ケ谷市、習志野市、野田市、白井市、千葉市、四街道市、佐倉市、印西市、成田市、東金市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、その他千葉県全域
埼玉県 三郷市、吉川市、越谷市、春日部市、八潮市、草加市、川口市、蕨市、戸田市、和光市、新座市、朝霞市、志木市、さいたま市、ふじみ野市

飲食店許可、深夜酒類提供飲食店届出、風俗営業許可でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

Free Consult
無料相談受付中
  • 電話 0120-922-361(年中無休24時間)
  • メール info@ishikawa-gyousei.com(24時間OK)
  • >>お問い合わせフォームはこちらから<<