深夜酒類提供飲食店

深夜酒類提供飲食店

深夜酒類提供飲食店の届出

費用・報酬はコチラ

以下のお店の場合、

深夜酒類提供飲食店

・バーや居酒屋など酒類を中心に提供する
深夜0時以降も営業を続ける(接待をしない)


ガールズバースナックでも接待をしなければ「深夜酒類提供飲食店営業の届出」が可能です。

このようなお店は「深夜酒類提供飲食店営業」に該当し、営業開始の10日前までに、警察署へ届出を行わなければなりません。

ただし、ラーメン屋や焼き肉店、お寿司屋など、食事がメインのお店の場合は届出が不要となります。

また、深夜酒類提供飲食店では「接待」を行うことができませんので、「接待」を行う場合は「風俗営業許可」が必要となります。

「深夜酒類提供飲食店営業」と「風俗営業許可」両方を取得することはできません

ダーツバーの場合

深夜酒類提供飲食店でやってはいけないこと

深夜酒類提供飲食店営業では、以下のことをやってはいけません。

①18歳未満の者を午後10時以降、
・客に接する業務に従事させること。
・客として立ち入らせること。(保護者同伴の場合は除外)

②20歳未満の者に酒類やたばこを提供すること。

③深夜において客引きすること。

④接客従業者に対する拘束的行為をすること。

⑤深夜0時以降に客に遊興をさせること
※遊興とは、営業者側の積極的な行為によって客に遊び興じさせる場合で、具体的には、
・不特定多数の客に歌、ダンス、ショウ、演芸などの興行等を見せる行為
・生バンドの演奏等を客に聞かせる行為
・のど自慢大会等客の参加する遊戯、ゲーム、競技等を行わせる行為
・カラオケの使用等については、スポットライト、ステージ、ビデオモニター又は譜面台等の舞台装置を設けて不特定多数の客に使用させる行為、不特定の客に歌うことを勧奨する行為、不特定の客の歌をほめやかす行為(ただし、不特定の客が自分から歌うことを要望した場合に、マイクや歌詞カードを手渡し、又はカラオケ装置を作動させる行為等はこれにあたりません)

■サービス提供地域

東京23区 千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区
その他東京 立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市
千葉県 市川市、船橋市、松戸市、浦安市、流山市、柏市、鎌ケ谷市、習志野市、野田市、白井市、千葉市、四街道市、佐倉市、印西市、成田市、東金市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市、その他千葉県全域
埼玉県 三郷市、吉川市、越谷市、春日部市、八潮市、草加市、川口市、蕨市、戸田市、和光市、新座市、朝霞市、志木市、さいたま市、ふじみ野市

飲食店許可、深夜酒類提供飲食店届出、風俗営業許可でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

Free Consult
無料相談受付中
  • 電話 0120-922-361(年中無休24時間)
  • メール info@ishikawa-gyousei.com(24時間OK)
  • >>お問い合わせフォームはこちらから<<