バー、居酒屋などの深夜酒類提供飲食店営業の届出

費用・報酬はコチラ

バーや居酒屋などのお店の場合

深夜酒類提供飲食店
  • バーやダーツバー、居酒屋など酒類を中心に提供する
  • 深夜0時以降も営業を続ける(接待をしない)

※ガールズバーやスナックでも「接待行為」をしなければ「深夜酒類提供飲食店営業の届出」が可能な場合があります。

このようなお店は「深夜酒類提供飲食店営業」に該当し、営業開始の10日前までに、警察署へ届出を行わなければなりません。
ただし、ラーメン屋や焼き肉店、お寿司屋など、食事がメインのお店の場合は届出が不要となります。

また、深夜酒類提供飲食店では「接待」行為を行うことができませんので、「接待」行為を行う場合は「風俗営業許可」が必要となります。
※「深夜酒類提供飲食店営業」と「風俗営業許可」の両方を取得することはできません。

ダーツバーの場合

深夜酒類提供飲食店でやってはいけないこと

深夜酒類提供飲食店営業では、以下のことをやってはいけません。

  1. 18歳未満の者を午後10時以降、
    ・客に接する業務に従事させること。
    ・客として立ち入らせること。(保護者同伴の場合は除外)
  2. 20歳未満の者に酒類やたばこを提供すること。
  3. 深夜において客引きすること。
  4. 接客従業者に対する拘束的行為をすること。
  5. 深夜0時以降に客に遊興をさせること。
  6. 客の接待をすること。

※遊興とは、営業者側の積極的な行為によって客に遊び興じさせる場合で、具体的には、
・不特定多数の客に歌、ダンス、ショウ、演芸などの興行等を見せる行為
・生バンドの演奏等を客に聞かせる行為
・のど自慢大会等客の参加する遊戯、ゲーム、競技等を行わせる行為
・カラオケの使用等については、スポットライト、ステージ、ビデオモニター又は譜面台等の舞台装置を設けて不特定多数の客に使用させる行為、 不特定の客に歌うことを勧奨する行為、不特定の客の歌をほめやかす行為(ただし、不特定の客が自分から歌うことを要望した場合に、 マイクや歌詞カードを手渡し、又はカラオケ装置を作動させる行為等はこれにあたりません)